あんすけ 人生色々あるよねっ

競馬 ゲーム 法律 などなど 興味がとまらない♪

起業の前に考えよう②「飲食業」

ども あんすけです

 

昨年末から 色々あってブログの更新が出来ませんでした

申し訳ありませんでした

ブログを通してその「色々」をお話しできる機会がありましたら 

お話していきます。。

 

さて 今回は

「起業」についてパート2になります

私は 飲食業しか経験がないので飲食業についてフォーカスします

飲食業は非常に奥深く 面白い業界と共に

リスクの高い業界とも認識をしています

 

「面白い=繁盛」は必須の話ですが

この飲食業ほど様々な出会いや協力が無ければ

「繁盛」と言う形へは成立しません 

お客さん始め スタッフ 各業界のサポートです

 これをなくしては成功は遠いものになってしまいます

 

とは言え 人脈を構築することも難しいですよね

ここであんすけは業界のコンサルタントにお願いすることをお勧めします

胡散臭いと思われがちですが「知識と人脈」の構築は必須です

飲食店は多岐にわたる業界との交流で手法が大きく変化します

実は私も様々な有識者と共に起業をしており

 今でも学びながら 実績を積んでいます

ここで必要とされる「人脈」をご紹介しておきましょう

 

1.弁護士

やはり ここは外せません

国が認める最高峰の国家資格を持ち 

どの分野に対しても最高のパフォーマンスを見せてくれます

飲食業は比較的に弱い立場の事業だと思う私には必須と考えています

2.税理士

飲食業は日銭と呼ばれるように 毎日現金などを流通させるため

お金の管理はしっかりしないといけませんよね

特に確定申告など しっかり仕分けをし ちゃんとした納税をするために

相談できる強い味方です

3.社会労務士

飲食業は必ずと言っていいほど従業員を雇うことになります

この従業員を適切に働いてもらうための環境を指導してもらえます

国が定める助成金やトライアル制度 労災なども管理していただけます

 

士業の紹介が主になってしまいました。。

 

開業について もっと具体的に深堀していきましょう

 

業種・コンセプト・販売の手法・仕入れ・人員など構成が整ったら

いざ 開業!・・・ではなく

重要なのが 事業資金です

これは自己資金や融資などで調達しなくてはなりません

運転資金や設備資金などで使用します

大抵の人たちは融資を考えるのではないでしょうか?

 

その事業融資も事業計画書に基づき融資実行を目指します

当然自己資金のみで開業する方もいらっしゃいますが

僕は事業融資推奨しているんです

 

簡単に申し上げると 構想した事業が現実的であるか?を銀行などが判断します

客観視できるお金のプロに見てもらえるチャンスはなかなかありません

考えた構想に穴がないか?どのように改善すればいいのか?など

より現実的に考えることが出来ます

当然 革新的な考えや自信がある方は問題ないかと思われますが

相談しても損はありません

また民間コンサルタントでも経営に精通している方は多く存在し

深い知識を持っています

 

そして紹介した社会労務士や税理士など 専門知識など加わると盤石になります

このように 他業種の連携があれば より戦略的に開業が進められると思います

大事な会社を守り成長させるために必須だと僕は思っております

 

 ダラダラ書いてしまいましたが 次回は手順などを書けたらいいかもですね

今回はここまで

ではではっ