あんすけ 人生色々あるよねっ

競馬 ゲーム 法律 などなど 興味がとまらない♪

ガンダムオンライン 革新 アップデート

こんばんはっ あんすけです

とうとう 新型の発表がありましたねっ

早速ご紹介します♪

f:id:ansuke3355:20170816205520p:plain

なんとニューガンダムとサザビー ガンダムの代表作ですね♪絶対にほしい・・

f:id:ansuke3355:20170816210001p:plainこちらはジェガンとギラドーガ 逆襲のシャアの機体を出すとは いい仕事ができる予感です(^^♪

ほれぼれしてしまうシルエットですよね

【ニューガンダム】

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する地球連邦軍のニュータイプ専用試作型モビルスーツ。

アムロ・レイが宇宙世紀(U.C.)ガンダムシリーズでの歴史上において最後に搭乗した機体であり、シャア・アズナブルのサザビーと激闘を繰り広げた。

名前の由来は「シャアを超える」という意味合いを込めた「Hi-Sガンダム」がボツ案になった際に、仮称であった「NEWガンダム」の「NEW」の部分をギリシャ文字に置き換えたもの。
ちなみにこの名前がボツになったのは、シャアのイニシャルはSではなくCであるため。Hi-Sガンダムという機体名はHi-νガンダム及びSガンダムに再利用されている。

【サザビー】

サイコミュとファンネルを装備したニュータイプ専用モビルスーツ。型式番号はMSN-04。
ネオ・ジオンが設計し、アナハイム・エレクトロニクス社が開発、同社グラナダ工廠で製造を担当した。
 重装甲と多彩な武装から防御力と火力に優れ、全身に装備されたスラスターとアポジモーターによって、量産機より高い運動性能を有している。
シャアの専用機であることから、機体色は真紅となっている。

【ジェガン】

連邦軍は「GMは外注しないで自分とこで生産するんだい」とこだわっていた上に、GMを改装してGMⅡにして、そのGMⅡをさらに改装してジムⅢに、と言う、非常に涙ぐましい予算の遣り繰りをしていた(これらは、パーツ交換・改装で済ませた機体と、新設計で生産した機体が混ざっているという設定)が、本機はアナハイム・エレクトロニクス社が完全生産して連邦に供給したジム系の量産機となる。(それまでのAE製の連邦軍量産機としては、ティターンズに供与されたマラサイ等がある)

それまでのMSノウハウを結集して作られており、オーソドックスかつ信頼性の高い機体となっている。
そのため第二次ネオジオン抗争後の軍縮などの動きもあり、採用から30年以上経ったF91の時代にも改良型が現役であるなど宇宙世紀でも記録的な長寿MSである。

【ギラドーガ】

シャア・アズナブルを総帥とするネオ・ジオン軍の主力量産機で、いわゆるこの時代のザクⅡ的機体。

元になった機体はハマーン・カーンが率いていたネオ・ジオン(アクシズ)が開発中であった新型MSの試作機。アナハイムとの繋がりからRMS-108 マラサイの発展機とも、汎用性を重視した路線からAMX-011 ザクⅢの改良型とも言われるが、詳細は不明である。

グレミー・トトの内乱に乗じて、ネオ・ジオンのダイクン派(シャアに心酔する層)によって秘密裏に持ち出され、再設計された後アナハイム・エレクトロニクスのグラナダ工廠で建造された。100機が生産され、そのうち82機が実戦に投入されたとされ、シャアによる「地球寒冷化作戦」(第二次ネオ・ジオン戦争)終了後も再結成されたネオ・ジオン組織「袖付き」でひき続き運用された。

その後一部の機体は連邦軍に接収されアグレッサー機として運用されたり、一部のネオジオン兵士の生き残り(もしくはその縁者)が細々と使用してUC0120年代まで確認されている。

如何でしょう 想像がそそる機体の数々

アップデートが楽しみです♪